cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美味いブルチャーク


帰国してから何かとやる事だらけなのに、チェコで患った風邪を引きずってしまい絶不調の為なかなかこっちのブログにまで手が回りませんが、新鮮なネタを書かなくては、と思ってはいます・・・

せっかくなので引き続きブルチャークの話。
ブルノで初めて飲んだブルチャークはイマイチという事を書きましたが、ブルチャークもピンキリでして、ブルノの祭りにも10軒くらいの屋台が出て、それぞれが造ったものを出していました。
そこでは残念ながら1杯しか飲まなかったのですが、プラハでとっても美味しいブルチャークに出会い、ブルチャークの美味しさを知りました。

プラハ郊外の宿のすぐ近くにあるワイン蔵は、池の畔の洞窟がお店になっている素敵なお店。
入り口のカウンターでワインの量り売りをしていて、奥にはテーブル席があり、地元の人でいつも一杯です。
もちろんこの時期はブルチャークがあって、とってもフルーティーで美味しかったです。
一杯20ck。
まだ今の時期なら外のテラスもおすすめです。



スポンサーサイト

ブルチャークの季節


今日はお酒の話。

チェコでお酒と言えばビールですが、ワインもなかなか良いものを造っていたりします。
そして今の時期のお楽しみは、burčák(ブルチャーク)という醗酵途中の葡萄の果汁です。
8/15 ~11/30までの期間限定でしか販売されず、この時期チェコでしか飲めないというレアな飲み物です。

僕が行ったブルノでは、街の中心の広場に沢山の屋台が出て、ワイン祭りをやっていて、ブルチャークの屋台があちこちに出ていました。

話には聞いていたブルチャークですが、まだ飲んだことがなかったので、これは良い時に来たと早速飲んでみました。
ワインというより完全に味は葡萄ジュースです。
なので比較的飲みやすいですが、結構強いアルコール臭がして、舌にピリピリ感じます。
もちろんブルチャークもワインやビールと同じで、造っている所によって味が違うので色々飲み比べないといけないですね。
宿泊したホテルで出会った日本人の方は「ジュースと思って飲んだらワインだったからヘロヘロになっちゃったよ」と言っていたのでお酒の弱い方はほどほどに。
この時期プラハのレストランでもブルチャークを出している所があるそうなので、機会があれば色々試してみたいです。

これからチェコに来られる方、ブルチャークを是非飲んでみてください。


成長したアレンくん


以前ご紹介したプラハの「民宿桐淵」さんちの看板犬アレン君が元気に成長した姿を見せてくれました。
僕を見つけると庭から走って来てジャレてくる可愛いヤツ。
嬉しくて興奮すると嬉ションしてしまうので要注意ですが・・・

今回もプラハでは犬連れの人たちを良く見かけます。
チャペックの「ダーシェンカ」のような作品があるだけあってか、チェコ人は犬好きが多いのでしょうか。
その為、道には犬の落し物が良く落ちているので要注意です・・・

今回は可愛い写真のわりに下の話になってしまいました。


プラハより



今日プラハに着いて、やっとネットに繋がる事が出来ました。

プラハはしばらく天気が悪かったようですが、今日は曇りのち晴れで、日中はTシャツでも大丈夫な程です。
しかし、夜は寒くて厚手の上着を着てないと風邪ひきます、というか風邪ぎみです。
日本の日本の初冬(と言っても地方によって違うので名古屋が基準ですが)を想定した装いで来れば、観光には良い季節ではないでしょうか。

さて、ハンガリーとチェコの地方都市での買い付けを順調に終了し、明日からプラハでの買い付けです。
今日はちょっと苦戦したので明日からに期待です。

素敵なチェコ絵本・雑貨を見つけますよ~

蚤の市、そして新たな旅立ち




ハンガリーでアンティーク雑貨を探すならまずは蚤の市へ。

ブダペストでは東欧最大と言われるエチェリと、週末に市民公園で開かれるペトフィが有名です。
エチェリは少し遠くて行き方が面倒くさそうなので今回は歩いて行けるペトフィに行ってきました。
これがやたらデカイ公園で、温泉や博物館なんかもあったりして、蚤の市会場を見つけるのに少し迷ってしまいました。
朝8時オープンで、オープン前から結構人が並んでいます。
入場料120フォリント(約70円)。
生活雑貨の不用品やその他ガラクタ系から安い衣料品、刺繍などの布もの、CD、DVDなどありますが、絵本などの本は少なく、雑貨もあまり僕好みのものはありませんでした。
でも、ここに探しに来たものの一つであるカードカレンダーは幾つか見つける事が出来たし、とっても素敵な刺繍の施されたアンティークの布を発見を手に入れる事が出来たので良かったです。
値段は比較的安めだと思いますが、値切っても相手にしてくれない所が多いです。
同じようなものを出している店が幾つかあるので、一通り回ってみて比較してみると良いでしょう。
また訪れるのが楽しみな場所です。

さて、明日からまた買い付けの旅に出ます。
なので今週末にはこの蚤の市に行って来ますので、また素敵なチェコ、ハンガリー雑貨を見つけて来ますよ。
またこのブログに書けるようなネタもたくさん仕入れて来ますが、今回は作戦がうまく行けば現地から生の情報をこのブログでお伝え出来るかもしれませんのでご期待ください。

では、行ってきます!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。