cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


良い眺め


前回のブログでご紹介した可愛い建物が並ぶ「melnik」は、駅から街の中心街の広場までは急な坂を10分ほど歩かなくてはならないのですが、広場を抜けて大きな教会まで行くと、眺めの良い展望台が現れます。
写真では全く納まりきらないので、ここの眺めの良さはちゃんと伝わらないかも知れませんが、心地よい風に吹かれながら地平線を眺めていると、思い本を担いで坂を歩いた疲れもしばし癒されました。

ここは日本のガイドブックには全く載っていない街ですが、チェコにはこんな小さくても見所のある街が沢山あるようです。
知らない街を訪れてみると意外な発見があって旅の楽しみが更に広がります。
スポンサーサイト

絵本のような街


チェコと言えば何だか可愛いイメージがありますが、本当にテーマパークか?と思えるような可愛い街があちこちにあるようです。

写真は。プラハからバスで40分程の小さな街、「Melnik」の広場に建っている建物ですが、まるで絵本にでも出てきそうなメルヘンチックな感じですよね。
こんな感じのカラフルな建物をチェコの街では良く見かけます。

チェコ絵本の可愛らしさの秘密はこんなところにもあるのかも知れません。


朝市に行こう!


朝市ってのはその土地の特産物が見られるし、地元の人々の生活が垣間見えたりするので見ているだけでも楽しいです。
色とりどりの果物や生花が並び、人々の活気があるので眠気覚ましにもなるし。

同じ果物や野菜でも日本のものとはどこか違うものばかりなので、色々試してみるのも面白いです。
どれも新鮮で美味しくて安いですよ~

写真はブルノの広場で開かれていた朝市。

静かな車内


今、「世界の車窓から」はチェコですね。
昨日もそうでしたし、前に見た時も列車の中で乗客がギターを弾いてみんなで陽気に歌ってましたが、これまでチェコの列車の中でそんな光景は見た事ないです・・・
チェコの鉄道では日夜あんな光景が繰り広げられている、なんて事は無いのてご心配なく。

静かなチェコ鉄道の車内からの風景です。

U Fleku


お久しぶりですが、最後にもうひとつビールの話を。

プラハで有名なホスポダと言えば必ず名前が出てくるのが「U Fleku」(ウ・フレクー)。
ここは醸造所が併設されていて、自家製の黒ビールを飲む事が出来るのです。
しかも、1499年創業という、プラハで最も古いホスポダです。

ここではか飲めない工場直送の黒ビールは、コクがあって爽やかな甘みとマイルドな苦味が絶妙でスイスイ飲めてしまう極ウマビールですが、アルコール度は普通のビールより高めなので要注意です。
オヤジ二人による音楽隊の演奏も良い味出してます。

ただ、やはり観光地的雰囲気満点なのが痛いです。
「べヘロフカ」というチェコ名物の薬草酒をやたら勧めてきたり、アジア人比率が高く、日本人団体客がいると「スキヤキ」を演奏しちゃったりの過剰サービス有り。
料理は並で値段も高めなのですが、プラハに来たら一度は行きたいお店です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。