cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プラハのホステル


何やら怪しげな内装ですが、プラハのホステルの廊下です。

通常買い付け時は本などを置いたり、荷物の梱包・発送作業の為のスペースが必要ですし、早朝出発なども多いので、ドミトリーではなくシングルの部屋を取ります。
チェコにはシングルでもドミトリーと変わらない値段で泊まれる安くて快適なホテルが幾つか有って、今回もいつも泊まっているホテルを予約しました。
しかし、何故か週末の宿泊料金が平日の倍以上になっていたので、週末だけ別のホテルを取ることにしたんですが、その時このホステルを見つけたのです。

ARTHARMONY
http://www.artharmony.cz/

木を多用したカラフルな内装に惹かれましたが、場所もプラハの中心街に近く、トラム駅のまん前、しかも僕も良く行く色んなフレーバーの地ビールが飲めるレストランの隣りという好立地なので泊まってみない訳にはいきません。

写真で見てた通りの面白い内装で、部屋毎に違うデザインになってます。
僕の泊まった部屋は4ベッドで、1階に2ベッドとソファーとテーブル、ロフトに2ベッドと、今までに泊まったホステルでは考えられない広さと綺麗さでした。
DSCN01111.gif

3泊したんですが、下に一人先客がいるので、ロフトへ。
DSCN01141.gif

廊下に鍵付きのロッカーがあり、共用のキッチン、冷蔵庫などもあります。

そして、中でも僕が気に入ったのはシャワールームで、僕の泊まっていたフロアには3つのトイレとシャワールームがあり、それぞれが木やカラフルなタイルや石などで装飾されていて、とても清潔感がありました。
写真を撮り忘れたのが残念です。
スタッフもみんな親切で、かなりおすすめのホステルです。

残念だったのは、2日目に同室になったイギリス人の女の子2人組と挨拶程度しか話せなかった事。
次行くまでにもう少し英語勉強しなくては・・・
スポンサーサイト

エナジードリンク


Yahooニュースを見ていたら、海外のエナジードリンクが続々と日本上陸で、ちょっとしたブームになっているとの事。

エナジードリンクと言っても所詮炭酸ジュースなので、日本ではめったに飲む事はないんですが、海外へ行くと日本のものには入っていない成分が入っているので多少効き目があったり、面白いパッケージのものがあるので、スーパーで見つけるとつい買ってしまいます。
日本でも人気のレッドブルも、日本のものと海外のものは成分が違うのは有名な話。
チェコでもレッドブルは人気で、どこ行っても置いてあるんですが、その周りには見た事も無い怪しげなドリンクたちが並べられているので、どうしてもそちらに手が伸びてしまうのです。
体力勝負の買い付け仕事ではエナジードリンクは必需品だったりして、前回もこんなのを飲んでみました。

右の「KAMIKAZE」、いかにもってヤツですが、漢字で神風って入ってる所も日本人心をくすぐります。
マズイです。
特に元気が出てくるって感じもないです。
二度と買う事はないと思います。

左の「V12」は味は悪くないです。
まあ、いかにもエナジードリンクって味ですが、CANNABIS TURBO ENERGYの表記と日本では禁止されている緑の葉っぱのマークがソソリます。
だからと言って他のエナジードリンク同様、明らかに何かが効いてるって感覚は得られませんでした。

チェコは緑の葉っぱの規制が結構ユルイらしく、たまに「あれ、これって?」って方々をお見かけします。
それとは関係ないと思いますが、エナジードリンクやチョコレート、お酒などで、葉っぱのマーク入りがあるんですが、かと言って期待される有効成分は当然ながら入ってません。残念ながら。
体を張って色々試してみましたので間違いないです。
まあオランダに行けばそーゆーのもありますが・・・

あくまでも僕の私見であって、人によっては何らかの効果があるかも知れませんし、お土産などのネタとしては使えるので、興味のある方はスーパーのドリンク売り場を探してみてください。



easyjet


最近日本でも各社参入で話題に上がる事が多くなったLCC(ローコストキャリア)格安航空会社ですが、ヨーロッパでは既に定着していて、路線によってはとんでもなく安く行けたりします。

今回初めてLCCの老舗、イギリスのeasyjet(イージージェット)を使ってみました。
プラハからアムステルダムまでコミコミ5000円弱。

価格は早く手配した方が安く、フライトが近づくにつれて高くなり、予約状況などによっても変動しているので、予定が決まったら早めに手配するのが安く取る基本なんですが、ごくたまにフライトのキャンセルや時間変更なんかがあるらしく、そんな時は何かと面倒らしい・・・(詳しくは色んな人が色んな情報を書いてるのでググってみてください)

料金は、表示されている激安価格の他に、荷物を預けるのと、クレジットカード払いの手数料が加算されました。
その他、優先的に乗れる権利、手荷物の追加料金、保険などは必要に応じて加算されます。
予約はホームページ(http://www.easyjet.com/EN)から英語のダメな僕でも何とかチョイチョイっと出来ます。

チェックインもオンライン・チェックインで済ませ、当日空港のカウンターにプリントアウトした紙を見せるだけ。

席は自席なので、早いもの勝ち。
と言ってもそんなに焦らなくても席はちゃんとあるので大丈夫。
ですが、手荷物のスペースが小さいのか、上の荷物スペースに入らなくてモメてる人が何人かいました。
手荷物のサイズはかなりシビアで、大きいと追加料金を取られるので要注意です。

席は気持ち狭いかなって程度ですが、リクライニングしません。
2時間弱のフライトでは全くきになりませんでしたが。

飲食は全て有料です。

以前このブログでも書きましたが、プラハからアムスまで寝台列車で移動して、それはそれで楽しかったんですが、コストパフォーマンスは断然LCCですね。

日本のLCCの今後に期待。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。