cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこ泊まる?


旅ではお宿選びが重要なポイントのひとつですね。

それぞれの価値観や旅のスタイルによってどんな宿に泊まるかは大きく違って来ますが、チェコでも1泊1000円程のドミトリーから数十万円の高級ホテルまで各種揃ってます。

最近はインターネットを使えば日本語で世界各国のホテルが予約できて、しかも現地で直接とるより安いときているので、スケジュールが事前に決まっているならこれを使わない手はありません。

Hotel Clubhttp://www.hotelclub.jp/BOOKING.COMhttp://www.bookings-asia.com

オクトパストラベルhttp://www.octopustravel.co.jp/

なんかが日本語OKでホテル数も多く値段も安めです。

英語が堪能な人なら他にも良い所が有るらしいので調べてみましょう。

ただし、激安のドミトリーや小さなペンションなんかは予約できないので、自力で探してください。

駅にあるインフォメーションならネットに出ていない安宿なんかも紹介してくれるので、直接現地で探してみるのも面白いですよ。

インフォメーションのサービスも場所によってまちまちで、愛想満点のお姉さんが予算などの希望を聞いてその場で予約までとってくれる所から、氷の女に面倒くさそうにリストを渡されて「これ見て勝手に行け」って所まで様々です。

僕の場合は買い付けで行っているのでホテルを選ぶポイントは、交通の便が良くて古本屋と郵便局の近いこと。

買い付け旅の一日は、ホテル、古本屋、郵便局の往復に明け暮れます。

特に郵便局へは大荷物を抱えて行くので近いにこした事はありません。

街の中心から少し離れれば安くて快適なペンションがあるのですが、時間のロスを考えると多少高くても便利な所の方が結局お得なのです。

写真のホテルはチェコ第2の都市ブルノの「HOTEL SLAVIA」。

町の真ん中にあって、6件の古本屋、郵便局、鉄道駅が徒歩圏内でしかも4つ星という、普通なら圏外のホテルが、以前はシングル朝食付き一泊6000円程だったので、ブルノに行く時はここだったんですが、今は為替の関係もあってか9000円以上するので前回からはすぐ近くの「HOTEL AVION」,に替えました。

「AVION」は「SLAVIA」に比べるとボロくて部屋の大きさは1/3、シャワーだけの狭いバスルーム、トイレ共同、といい所無しではありますが、1泊朝食付き4000円以下で超便利な中心街に泊まれるのは最大の魅力です。

でも観光で行くなら他に良いホテルがあると思うけど・・・
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。