cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミラノで食べる その①
イタリアでの楽しみと言えばやはり「食」ですね。
元々イタリア料理好きなので、本場のイタ飯はサッカーと同じ位楽しみでした。
とは言うものの、観光地でのレストラン選びは一歩間違うと悲惨な思い出となるのはよくある事なので、事前にネットで入念な下調べをした結果、「安くて美味しいと地元の人にも大人気!」と評判のお店に行ってみる事にしました。
ミラノ観光の中心地、Duomoから地下鉄で3駅、Porta Veneziで下車し、地上に出るとすぐ近くにそのお店はあります。
IMG_09991.jpg

Maruzzella
赤い看板と行列が目印。
僕が行ったのが夜8時前だったんですが、こんな感じで20人近く並んでました。
結構腹減ってたんでどうしようかと思ったんですが、もう一軒チェックしたお店はここからは遠いし、せっかくここまで来たんだからと待ってみる事にしました。
人を掻き分け店内に入ると
IMG_09932.jpg
いきなり窯でピザ焼きまくってます。
入口付近でキョロキョロしていると、丸々太った親父が「予約してんのか?」みたいな事を言って来たので、「1人だけど良い?」みたいな事を言うと名前を聞かれ、ウェイティングリストに載せられます。
ピザを焼いてるのを見ながら待ってると意外にも5分程で呼ばれます。
ラッキーにも僕意外はみんな3人以上のグループだったようで、椅子1つの小さな席に案内されました。
孤独な日本人の勝利です。
小さなテーブルで隣との間隔も狭いので、やはり大衆食堂的なお店のようですが、清潔感はあるし、お店の人たちもキビキビしてて、何よりお店全体に活気が有ってかなり良い感じです。

やはりピザが売りな店だけあってメニューにはズラリとピザが並んでます。
大体7、8ユーロ位でした。
さていよいよ注文です。
初本場イタ飯です。
IMG_09943.jpg
「ピザじゃねーのかよ!」とお思いでしょうが、そう、スパゲッティー・カルボナーラです。

カルボナーラ好きとしては是非イタリアでカルボナーラを食べてみたかった。
味はまあ普通に美味しかったです。
ちゃんとアルデンテなのにちょっと感動。
それよりなにより、さすがイタリア、ワインが安くて美味い。
スモールのデキャンタで3ユーロなんだけど、グラス2杯半分はあったし、フルーティー美味しかったです。
カルボナーラは8ユーロ。
そして食後はもちろんこれ
IMG_09965.jpg
ティラミスー&エスプレッソ
本場のティラミスは激ウマでしたが、5ユーロと料理と比較するとやや高め。
大満足の初本場イタ飯でした。

そして、最終日にはリベンジで
IMG_12184.jpg
ちゃんとピザも食って来ましたよ。
生ハムのったやつ。
やはり美味かったです。
他の種類も食べたかったな~。
1人だと色々食べられないのが悲しいです。
前回と同じチョイ悪イケメンのギャルソンが覚えててくれて、食後に「ティラミスー?」て聞いて来たので、また食べたくなったけど、ここはグッと我慢して他にチャレンジ。
IMG_12206.jpg
パンナコッタにしてみました。
なかなか濃厚でモッチリして美味かったけど、ティラミスにはかなわなかったです

グルメリポーターには絶対なれない拙い表現力で何がどう美味しいのか全く伝わってないと思いますが、写真を見て想像してみてください。

ミラノへ行くなら「Maruzzella」、おすすめです。

詳しくは僕がチェックしたトリップアドバイザー
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187849-d1080232-Reviews-Da_Maruzzella-Milan_Lombardy.html
を参照ください。

では、今から友達と名古屋のピザが美味しいというイタ飯屋へ行って来ます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。