cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェコとの出会い





僕が初めてチェコを訪れたのは2004年11月のこと。

旅好きの友達から「プラハは良い所だよ~」という話を聞いていて、プラハに興味は有ったものの、チェコの絵本とかに対する興味は全く無く、チェコについて知ってたのは、「ダーシェンカ」で知ったカレル・チャペックとビールの「ピルスナーウルケル」が美味いって事くらいのもの。

cestaを始める前に、海外の本を扱うのに何か面白いものは無いかと調べていて、雑誌「spoon」でチェコの絵本と古本屋が紹介されていたり、東京の「ユトレヒト」さんがチェコの絵本を扱っていたのを見て、「チェコ絵本もちょっと置いてみるか」なんて軽く考えてました。
で、その時点ではまだcesta出店の具体的計画は無かったんだけど、物件が見つかり次第新しいお店をやろうと思っていたので、事前の買い付けを兼ねてプラハ、そして当時はメインの買い付け先にしようと思っていたフランスはパリを旅することにしたのです。
そして、その時チェコの古本屋で実際に手にした、イジー・トゥルンカ、ヨゼフ・ラダ、クヴィエタ・パツォウスカーなんかの古いチェコ絵本の素晴らしさ、素朴で味のある古雑貨、安くて美味しいチェコビールとチェコ料理、そして雰囲気のあるチェコの街並みなど、チェコで出会った一つ一つが、今の僕にとって魅力的なモノだった事がその後のチェコ通い、そしてチェコ絵本のcestaの誕生に繋がって行くのでした・・・

今日の写真もプラハの定番風景から、旧市街広場のヤン・フス像とティーン教会。
ヤン・フス チェコ最大の英雄と称されるボヘミア出身の宗教改革家。
カレル大学の学長も務め、ローマ・カトリックの横暴に反対し処刑される。
ティーン教会 14世紀に建てられた、ゴシック様式の高さ80メートルのツインタワー。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。