cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DOROMB


ハンガリーの名産と言えば、トカイワインフォアグラパプリカ、カロチャの刺繍などがありますが、僕がオススメするハンガリーの名産品は「ドロンブ」。

写真を見てこれが何かわかりますか?

楽器です。

「ドロンブ」日本語では「口琴」と言います。

口に咥えて弁を振動させると「ビョ~ン」と何とも素敵な音を発するこの楽器は、世界各国で古くから作られていて、日本でもアイヌに伝わる「ムックリ」という竹製の口琴がありますが、世界の口琴マニアの間でも特に評判の高いのがハンガリーの名匠ゾルタンの生み出したドロンブなのです。

一見単純な楽器ですが、その製法、演奏共に、シンプルながら非常に奥の深い楽器で、やりだすとちょっとハマッてしまうのです。

初めてブダペストに行った時に、民族楽器専門店で初心者用のドロンブを手に入れ、暇なときに「ビヨンビヨン」やってたんですが、今回もうちょっと良いドロンブを入手。

cestaの前を通った時に「ビヨ~ン、ビヨ~ン」と妙な音が聞こえたら、僕が店内で一心不乱に口元で指を震わせていますので、そっとしておいてあげてください。

ハンガリーに行ったら「ドロンブ」を手に入れて、いっしょに「ビヨンビヨン」しましょう!
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。