cestaの買い付け旅
古本喫茶cestaが本や雑貨の買い付けで訪れた、チェコやハンガリーなどの旅のお話。

プロフィール

cesta2

Author:cesta2
名古屋の古本喫茶「cesta」です。




カテゴリ



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スロバキアは怖い?

あけましておめでとうございます。

これまで使っていたブログが休止になるとの事で、ブログの引越しを行いアドレス、デザインが変わりました。

更新をサボってばかりですが、今年もボチボチ更新して行きますので、よろしくお願いします。

スロバキアの事を少し書いてましたが、珍しくスロバキアを舞台にした映画(DVD)を見たのでちょっとご紹介。

ホステル」(2006)、「ホステル2」(2007)。

クエンティン・タランティーノが製作総指揮、ブラチスラヴァが舞台という事で期待したんですが、何と撮影はチェコのチェスキークルムロフでした。

チェスキークルムロフに行った事のない僕でも一発でわかる観光スポットが堂々と出て来るんでちょっとがっかり。

もうちょっとわかりにくい街使えば良いのに。

スロバキアは得体の知れない国ってイメージのようです。

確かに、僕がチェコやスロバキアに行ってるって言うと、「そんな所行って大丈夫? 危なくない?」っていまだに言われる事があるから、共産主義時代の悪いイメージを今でも引きずってるんですね。

この映画はそんなイメージを逆手にとって、妙なリアリティーを醸し出してる所がウケてるようです。

内容は、バックパッカーの若者が、旅先でブラチスラヴァに夢のようなホステルがあると聞きやって来て、美しい街で美女たちと楽しい時を過ごすが、実はそこが殺人クラブと繋がっていて、次々と酷い目に遭って殺されていくという、あまり大きな声ではオススメ出来ない作品となっております。

特に怖がりの人で、これからスロバキアに行きたいと思ってる人は事前にこれを見ておくと、現地では常にビクビクしながら観光して、夜寝られなくなる事になってしまうといけないので注意しましょう。

監督はイーライ・ロス

結構グロいし内容もアレなんで誰にでもオススメ出来る映画じゃありませんが「SAW」なんかが好きな人なら楽しめると思います。

「SAW」から謎解きを無くしたって感じですが。

続編の「ホステル2」の方が面白かったです。

スロバキアが舞台の映画でオススメがあれば教えてください。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。